第51章 見守る。(著:会長)

見守るという言葉。

 

意味
無事であるように注意しながら見る。また、なりゆきを気をつけながら見る。
との事。


ん、ま〜、なんとなくはわかっているよね。

 

けどさらにこの言葉掘り下げてみた。


ってことは手出ししていないって事だよね?
気をつけたりはするけど、
結局手出ししないよね。

となるとまたいろいろ疑問もでてくるわな。

 

見守ってて、こりゃやらかすぜって思った時、
フォローいれたらどうでしょう。


危険は回避できる。
しかし、正しく表記すると、

見守ってたけど、途中助けた。

 

 


見守りヘルプ。

 

いや、


見守るとは、なりゆきを気をつけながら見る、だから、
正式には、

見守ろうとしたけどヘルプ。


見守るつもりがまさかのヘルプ。


みまもるヘルプ。

 

 

ミヘルプ。。。

 


いやこれだとヘルプしてない事になる。。。。

 

 


未守ヘルプ。(ミマモルヘルプ)

 

 

ん、いまいちだな。。

 

 


でも、ヘルプしちゃった時点で見守る失敗なわけで・・・。

 

 

でもだとしたら、こうも考えられる。

 


はなっから関与せず距離をおいてみる。
何かあったら、もちろん助けるけど、
それ以外はおまかせネットワーク。


万が一なにもなければ、結果的には見守ったって形になる。

 

それをあたかも、見守っていたんだよと後から言うことも可能だよね。

 

これはアリか?

 


結果的見守れた。


正しくはこうで、でも本当の意味でいえば、見守るではないはず。
見守れただなこりゃ。

 

となれば、見守るとは、
ある種結果なしでは使えない言葉で、

もっというと、
絶対的に相手を信用していないと、
相手の可能性を信じれていないと、見守るなんて荒業使えないね。

 

んじゃ、俺はどうよ?

 

 

見守る勇気と自身と信じる気持ちが乏しく、結果、
見守りたいけどその前にめちゃめちゃ言ってしまう。
そんなタイプです。


見守りたいけど、その自信もないから、
めっっちゃいろいろ前もって言ってしまってるやつ。
こうかな。



ん。


かっこよくない。



アダルティーではないですな。。。。

 

 

 

相手をがっつし分析できる、相手をがっつし信用できる、
それにより相手のモチベーションを信用というラインで、あげることができる。


それができてはじめて「見守れる」人なんでしょう。

 

あ〜、まだまだ俺そこじゃないかもな〜。。

 

 

うん、武田鉄也先生も言ってたな。

 


騙されるより騙されたほうがいいって。


こうゆう心境もあっての事なのかな。

 

 

 

 


ん。

 

 

 

 


目指せ騙され男!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、なんか違う。

 

 

 

 

目指せ!!!!!!!!!

 

 

 

 

信じる男。

 


| 1/51PAGES | >>